OWS、その他の大会

2011年7月 2日 (土)

第2回 三浦海岸オーシャンスイムレース

Miura_titleCimg1486
3kmの部に参戦。  スタートは12:30!Cimg1489

コースは、750mを4周回。1周毎に浜に上がり周回チェックの輪ゴムを貰う。Photo

風が強く、波が高いコンディションmist
ブイが流されてしまうほどの潮の流れ。

スタート直後、バトルにのみ込まれ心拍急上昇↑
宮古島トライアスロンの二の舞となる。
スクールをやめてから、週1回の割合でしか泳いでいないので、実力が伴っていないのに気負い過ぎである。

アウトに外れ、平泳ぎを交えながら、心拍が落ち着かせる。
結局、落着いて泳げるようになるまで、約400mも掛った。

2、3、4周目は、リラックスして気持ち良く泳げた。
ゴールタイムは、1時間5分。
ザクッと、1周目は20分、2~4周は15分 といったところか。
順位は、160人中74位。

久々のOWS、波が高くて少々苦戦したが、1周目の後半からは Enjoy‐swim を満喫!Cimg1499共に泳ぎだ仲間。いやー、よくサーフパンツで泳いだなぁー。
負荷を増やして泳がなくてもいいのに… (私は着替えた後)

Cimg1492_4本日、海開きを盛上げるイベント! フラガール!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

ポチッと、応援お願いします!(^^)!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

第11回パンプキン争奪マラソンスイミング大会

第11回パンプキン争奪マラソンスイミング大会 in 三浦市菊名海岸 に参戦!

_mg_8195_ 久々のOWSで、ノーウェット。距離は5km。1周回の右回りコース。
Pumpkin5km水温は25℃.潮の流れは、地図でみると右→左。行きはキツイが、帰りは流れが後押ししてくれる。
ウェットがきつくなったので、ノーウェットの方が泳ぎやすい。今度からOWSの時は海パン1丁で参戦だ!

この大会は、ブイの数が少なく、前方確認を頻繁に行った。
それでも、方向感覚を無くし平泳ぎで前方を確認+周囲の泳者を探して泳いだ。

折り返してからは、最近泳いでないせいか左肩が痛くなり、ぺースを落として泳ぐ。
3km位過ぎた頃か、僕の周りに泳者がいなくなり不安になる。
疲労も溜まってきて、泳ぎが乱れるwobbly
いやー辛い。陸では止まれるが、水の中では止まれないし、ストレッチできない。

身体は正直である。特に持久系競技は、練習をやった分、出来なかった分が結果として現れる。そこがまたイイ ところである。
『努力の分しか結果はでない。継続は力なり力は速さなり!』
んー、中学校の陸部(短距離)の近隣校合同合宿の時に統括顧問が行っていた言葉kissmark
印象深かったので、今でも覚えている。

第1、最終ブイになっている、岩場が見えた。元気upwardright
ラストスパート・・・は出来ないが、気持ちに余裕がでた。
最終ブイを回り、GOALゲートを確認~GOALmotorsports

タイムは、手元の時計で、1時間32分。順位は分からず。
疲れたー、ダウンで娘と一遊び。
Cimg1410 二人して、こんがり日焼けしてしまった ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

参加賞は地元-三浦さんのカボチャ。
Cimg1429
帰りに、≪みうら・三崎直産センター「うらり」≫に立寄り、鮮魚を購入。
Photo
今日はマグロで一献。  ~充実した1日でしたo(*^▽^*)o~

【本日のトレ】
OWS 5km 1時間32分

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

ラフウォータースイム・イン・鎌倉

  ラフウォータースイム・ジャパンシリーズ第3戦 「ラフウォータースイム・イン・鎌倉」 に参戦してきた。種目は5Kmの部。
 先週のキタタンのダメージが抜けず、まだ体は痛かったがスイムはそれほど身体に負担がかからないので参加した。
Sn3d0183 Sn3d0184

 9時00分スタート! 事前のコース設定とは違い、変則の4周回、1周回目のみ一旦陸上に上がり、チェクポイントを通過する。2~3周回は100m沖を2周回、ラスト1周はゴールに戻ってくるというもの。

天候:曇り、水温は高過ぎず丁度よい。波もなく凪状態。
1周目は、気負わずリラックスして泳ぐ。1周回終わって陸上‐上陸、マダマダ元気。
Sn3d0191
2周目、イーブンペースを保持して泳ぐ。泳ぎはいいが、首回りが痛くなってきた。今日は、ワセリンが無くて塗らなかった。まだ半分、痛みが増さなければいいが・・・
3周目、何だか肩回りがだるい。集団で泳いだいたが、ペースダウンdownwardright おいて行かれた。首周りも擦れて痛みが増してきた。
4周目、もう辛い。力が入らない。スイムでココまでバテバテになるのは初めてだwobbly ラストのブイを回ってラストの直線が長く感じる。ここで気持ちを切替えて、プルで力を抜いてゆったり泳ぐ意識をする~何だか楽になった。ゴールゲートが見えた!あと一踏張りという所で足が立った。随分潮が引いたみたいだ。ラストは、歩いて娘とゴールwink
Sn3d0196 Sn3d0198

タイム:1時間40分 いやーかなり泳いだなー 順位は分からない?
トップは、アヤトに泳ぎにきているOWSのシーリーズチャンピオンの竹本さん。さすがーclear 女子チャンピオンは、これまたアヤトで泳いでいる瀬川さんclearclear
トップスイマーの泳ぎをまじかで見ている自分は幸せものだ( ̄▽ ̄)
今日は、後半キツカッタけど、家族も一緒だし楽しく泳げた。

午後からは、鎌倉散歩Sn3d0200Sn3d0199
Sn3d0204Sn3d0207   

  楽しい
  一 日
  でした
shine

日本ブログ村「トライアスロン」に参加しています! 一押し応援お願いします(≧▽≦)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

トータルイマージョン

今日は、トータル イマージョン スイム に行ってきた。
荻窪スカイフィットで1日(9:30〜16:30)トライアスロンスイム・ワークショップ。
カリキュラムはコチラをクリック

トライアスリート9名参加。アヤトで一緒の西沢君、ご無沙汰していますLEOさんも一緒だった(◎´∀`)ノ

先ずは自己紹介して、ディスカッション。
今回のワークショップの重点目標
Home_workshop  
  Ⅰ.両面ブレス
  Ⅱ.アンカー
  Ⅲ.リカバリー

現状の自分の泳ぎを撮影。
フォーム改善のためにTIドリルを復習。
①ふし浮き
 ・浮心を胸にくるように、背中と首を脱力させる(背中は猫背)
 ・手の深さを確認
 ・足はリラックス
②スケーティング
 ・手の深さは4時の方向
 ・目線は真下
 ・伸ばした手は、頭から拳一つ開いて安定させる
③アンカーをかける
 ・スケーティングの状態から、肘(肩甲骨)を前に出す。手の付根を後ろに向ける
 ・水中で壁を作る
④スイッチ
 ・アンカーを掛けて、壁を作り水を押さえて体を入れ替える
 ・手でかく意識は持たない、体幹の入れ替え
⑤アンダーースイッチ
 ・スケーティングから、反対の手を水中で顔の前に持ってきて、アンカーをかけてから
  スイッチ
 ・頭(軸)がぶれないように意識
⑥ジッパースイッチ
 ・スケーティングから手首を水中に入れたままリカバリーして、頭の前辺りから入水。
  肘の角度を90度に保ち、横から持ってくる
  (上から回すと、肩に負担がかかり、痛める原因になる)
 ・入水は、2本のレールをイメージして、その延長線上
⑦オーバージッパースイッチ
 ・リカバリーを深い位置から徐々に浅くして、顔の横に輪があるイメージをしてピン
  ポイントで入水
 ・手の軌跡は、入水直後から水面と平行
⑧呼吸
 ・入水と連動して横を向き、リカバリーの手を見送ってから顔を戻す
 ・頭の先からレーザービームが出ているイメージをして、頭と体幹の動きを一体化する
 ・3回に1呼吸を、状況ポイントを意識して行う
⑨両面呼吸
 ・苦手な呼吸(自分は左側)の回転角を大きくする
 ・手の深さ、リカバリーで肘をしっかり先行させると呼吸が楽になる

 それぞれ意識するポイントを確認しながら、みっちりと!

忘れていた部分がけっこうあった。細かな指導・アドバイスが堪らない( ̄∀ ̄)
 『ナルほど、そっかー、再確認! ヨッシャーgood
Photo20081031_3top

 以上で午前中終了、各自昼食、午後ラウンドへ。

午後は、午前中に撮影した泳ぎのチェックから。
2本撮影した。
1本目はユックリした泳ぎ。2本目はレーススピード。
それぞれ、水上と水中両方向から。

《分析1(水上撮影)》
 ●リカバリーが手から先行している(特に右手)
  肘から前に出すようにする
   下半身が浮き、抵抗が減る
 ●スピードアップすると、水面を叩いて泡が立つ
  入水から加速する

《分析2(水中撮影)》
 ●入水後に頭が潜って、呼吸時に上がる
  頭の位置は常に一定にする
 ●アンカーの掛かりがあまい
  水を下に押さえるのではなく、壁を作り後ろに押さえる
 ●スピードが上がると、入水した手が、段々と上にあがる
  ⇒伸ばした手は、3時の方向 → 現在2時45分也

午後のセッションは、午前中の復習。
テンポトレーナーを使ったテンポトレーニング。
徐々にテンポを上げていき、ストローク数はそのまま。
次は、ストローク数を変化させる練習。
自分のストローク数は通常、25mで15回。此を一番減らして泳ぐ、12回。次に1回ずつ増やしていき、ストローーク数をコントロール。
ストローク数を減らした方が負荷がかかる。技術の習得にはお勧めとのこと。

≪ドリル後・フォーム改善後の撮影結果・今後の改正点≫
1.入水が水面を叩いている(特に右手)
  →頭の前に輪っかをイメージして、入水してから伸ばす
2.リカバリーの腕を上にあげない
  →上にあげると肩がロックされる、横からリカバリーし肘から下を脱力
3.アンカーをかけるタイミング
  →入水と同時にアンカーをかける(壁を作る)
    後ろ向きの力をテコにして前向きの力に変換

4.アンカーのかかりが甘い

  →Speed up は、水中のアンカーをかける動作はそのままで、
    リカバリーを速くする。
    腿に触ったらスナップを効かせて前へ 


バランスはよくとれているいるとのお言葉を頂きました◎
今日、アドバイスされた事を意識して、改善していこうupwardright

ワークショップ終了後、ランで帰宅
荻窪~武蔵中原駅まで、15.5km-1時間16分30秒-Ave.4’56
今日は一日充実した練習ができたscissors

【本日のトレ】
スイム TI-SWIM トライアスロン・ワークショップ (1日)
ラ  ン 15.5km 1時間16分30秒 Ave.4’56

日本ブログ村「トライアスロン」に参加しています! 一押し応援お願いします(≧▽≦)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)