クリニック、講習会

2013年1月26日 (土)

山の気象学

JRO主催の公開講座に行ってきた。

日  時 : 平成25年1月25日(金)
       19:00~20:00(開場18:30)

場  所 : 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟417号室

テーマ : ビギナーからベテランまでヤマテンキを学ぶ
      ① 山の天気が平地と異なる理由    
       ② 平地の天気予報を応用する方法
       ③ 天気図から読み取る最重要ポイント 
       ④ 最も危険な気圧配置

講演者 : 山岳気象予報士 猪熊 隆之 氏
             中央大学山岳部OBで国内外の登攀経験豊富
             現在、山岳気象予報会社ヤマテンの代表  

開場15分前に到着。中に入ると(・o・)!
ほぼ満席状態。何とか空いてる場所をみつけて座ることができた。
周りを見ると、後ろに左右に立見の方も大勢。
主催者の方も大盛況ぶりに驚いていました。

D

さて、内容はといいますと、
自分はズブの素人なので、「雲がとうしてできるのか?」
といった基本のことから、簡単な天気図の見方までとても参考になりました。

レベルの高いベテラン向けの内容もありました。

資料は、禁無断転載・複製となっておりますので載せられませんが、来場者パンク状態で資料が足りなくなってしまったため、後日、JROのホームページに掲載するとのことでした。

A講師の猪熊隆之氏の会社が配信している山の天気予報。

●予報内容
  翌日、翌々日の6時間後毎の天気、気温、風向、風速、気象予報士のコメント

●大荒れ情報配信
  大荒れが予想される気象状況のときに、日記にアップ

◆日記機能(会員登録すれば無料)
  現場の登山道の状況や天候状況などを日記に写真付きで掲載することができる機能。
  八ヶ岳、甲斐駒は毎朝、ヤマテン事務所で撮影した写真をアップし、赤岳天望荘の協力で稜線の天望荘と山麓の八ヶ岳山荘の毎朝の気温、天気を掲載。

S
今年は縦走トレイルをやりたいと思っているので、自分の身を守るために知識つけますwink

  
  
  
        

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
ポチッと、応援お願いします!(^^)! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

スランプ選手脱出計画

もう9月のことですが、あたためて過ぎていた体験談を紹介します。

株式会社ナチュリル の企画、
スランプ選手脱出計画に参加しました。

 
『今シーズン、さらなるレベルアップを図り、
練習量を増やしたところ故障しがちになる。』


という悩みを打ち明けたところ、応募したところ選んで頂いたという訳です。

施術して頂いたのは、廣戸道場の廣戸聡一先生です。

ナチュリル:アスタビータスポルト(サプリメント)で疲労物質の除去

廣戸道場 :施術により痛いところを治し、運動機能を回復させる。

 ナチュリルと廣戸道場、内からと外からの回復、両者のコラボ企画といったところでしょうか。
 
(主旨が違っていたら訂正しますので、ご連絡を…)

原宿にある Reash LAB 廣戸道場 で、この企画が行われました。
                           

Photo

                         

●レッシュ理論
 
 人間は、重心の集まる位置が人によって違い、それは運動特性において大きな影響を与える。

4スタンス理論とは?
 
 Aタイプ:真っ直ぐ立った時に自然と重心が つま先 に集まる
 
 Bタイプ:真っ直ぐ立った時に自然と重心が かかと に集まる
 
 さらに
 
 A及びBタイプ  外側に集まる
 
 A及びBタイプ  内側に集まる
 
 4パターンに細分化し、それぞれに効果的な身体の使い方を見つける理論です。
Logo_4stance
概論は、コチラ http://www.4stance.com/pages.php?pid=0000_01010


まず、自分の身体を診てもらうと、

柔軟性が無く身体のバランスがずれているとのこと。
説明を受けながら、施術をしてもらうと、みるみるうちに自分の身体が柔らくなっていくのが体感できる。思わず笑いがでるほど。。。

 施術の様子は写真でどうぞ。P9160034

P9160036_2

P9160038P9160037_5

P9160041
P9160042判定の結果、私はBⅠタイプとのことであった。
P9160048


P9160061
P9160069_2

P9160070

最後に軸を作り、出力をUPさせることを指導して頂いた。

マズは体験。

・軸が無しで立つ:押されるとグラつく

・軸が有りで立つ:押されても耐えられる

軸を出すのは、今のところ、意識しても出来なかった。
毎日の生活のなかで、練習の前に意識して、軸出しができるよう心掛けていきたい。

P9160072

過日開催された、第19回24時間山岳大気有レース(ハセツネ)では、いい結果を出すことができた。
長時間レースにおいて、ナチュリルノのサプリメントと廣戸道場で施術を受けたことによるものが起因していると思う。

もっともっと、強くなりたいという自分に、方向性を示して貰いました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

トレイルランニング アカデミー

「ポラール トレイルランニング アカデミー」 in 奥多摩エリアに参加した。

ポラールの心拍計を持っていて、興味があるにもかかわらず、使ったことがない。
実際は胸バンドをするのに違和感があり使用をやめてしまったんですが…

トップアスリートの間では既に常識となっている「心拍トレーニング」のメリットを認識し、トレーニングの効果を最大限に引き出すことができればと思い、参加をした訳である。

そして講師は、トレイルランニングの第一人者である鏑木毅氏と、ランニングアドバイザーとして多くの市民ランナーから信頼されている佐藤光子氏。これも参加の決め手。

心拍計は、ポラールのRS300を貸出してくれる。
まずは心拍トレーニングの講義。
心拍トレーニングとは、心拍数を計測し運動負荷を調節する誰にでもできるトレーニング方法。

して、その有効性は▼
①練習のボリュームを具体的に把握できる
 ⇒個人に合う適正な練習計画を立てることが可能
②レース時の適性ペースを管理できる
 ⇒計測記録を残すことで次回のレースプランを立てることが可能
③現在のレベルを把握する最も有効な手段
 ⇒トレッドミルは把握する最も有効な手段

最大心拍数から、
 90%〜100% ゾーン5
 80%〜90% ゾーン4
 70%〜80% ゾーン3
 60%〜70% ゾーン2
 50%〜60% ゾーン1


LT値を上げるベーストレーニングは、ゾーン3
レースペースは、ゾーン4
といったところか。

講義後は早速の最大心拍数の測定。アップし約200mの坂道で心拍を上げる。3本走って、3本目MAX。
自分の最大心拍数は179。
普段、強度の高い練習をしないので、腰が痛くなった^^;

自分の身体情報をポラールに入力し、実践スタート。
鏑木さんの上り方・下り方のアドバイスあり。
コチラ▼

   ≪ふむふむ、参考になる。≫

講師の他にもスタッフが何人か来ており、この方々もみな強者。Cimg0686ハセツネ8時間台、9時間台、スカイレース年代別優勝、フルマラソン2時間22分。
すげー。トレラン中、様子を伺いながら話掛ける。もちろん鏑木さんにも。

会話を楽しみながらの往復8km弱のラン。
ついでに、JETをアピールしちゃいました(^^)
何処ぞの大会で再会できたら、嬉しいッス!

参加者の方々との会話も楽しかった。趣味が一緒だとすぐに打ち解ける。
参加者の中に娘さんと参加しているお父さんがいた。
娘さんは小学校低学年くらいか。羨ましいなぁ。
うちの娘は誘ったら来てくれるかなー。

実践後は、自分のデータを書き出し分析。8         ≪自分のデータはこんな感じ≫

心拍数で自身を管理しながら、目標とするレースに向け、データをもとに自分なりに練習を組み立てることの必要性を再認識した。

最上級モデルを使うと、標高まで出て、心拍のグラフと合わせ見ることが出来る。6
欲しいなー、でも、高いので買うのには勇気がいるな。22898097_v128705475_2 この講習に参加した人は20%OFFで購入できる。買うなら今か。

最後に鏑木氏から、
『トレイルは遊び。山の空気、木々・葉々の香り、景色などを感じて、楽しんでください。
歩くことは多いに結構、トレランの核は楽しむこと。遊びだと思うとレース中のどんな苦しいことも楽しくなります。』

とありました。

正にそのとおりだと思う。
個人でマッタリと行くもよし、仲間とワイワイガヤガヤしながら話すもよし(^◇^)

さて、
トレランアカデミー終了して、14時半。
日没までは時間があるし、折角なんで青梅の山をトレラン。

コースは▽(18.5km)
青梅市自治会館 → 青梅丘陵ハイキングコース → 矢倉台 → 三方山 → 栗平方面を回って雷電山を → 三方山 → 鉄道公園 → 青梅駅

途中で後方から、凄い速いペースの足音が聞こえてきた。
振り返ると、鏑木さんだ。
とりあえず行けるところまで、っと、軽やかなステップでみるみるうちに小さくなり、アッという間に消えてしまったdash
一瞬でも、トップ選手の走りを真近で見れてよかったょeye

日が傾いてきた。気持ちいい。Cimg0687

今日は、多くの同士と話すことができ楽しかった〜
また、こういう機会があれば参加したい。

【本日のトレ】
ローラー 50分
トレイル  27km

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

3D スキャニング

8/29(日)スキンズ3Dスキャニングプロジェクト
Skins_project


私のスキャニング結果はこんな感じ。
9全身の貴重なデータをGET!
しかし、スタイル良くないね~catface
自分の理想は <細マッチョ> んー程遠い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

SKINS SCANNING PROJECT IN JAPAN に参加

≪スキンズ≫ といえば、スポーツ医学が進んでいるオーストラリアで生まれたコンプレッションウェアである。

今回は、世界各地でデータをスキャニングするプロジェクトがあり、参加してきた。
場所は、法政大学市ヶ谷キャンパス。
1 8
受付けを済ませ、更衣室でパンツ一枚になり、
 ①身長・体重
 ②胸囲
 ③ウェスト
 ④ヒップ
 ⑤太腿
 ⑥ふくらはぎ
 ⑦足長・足周囲

を測定。誤差があってはいけないと、①〜⑦までを1セットとし、3回実施。厳密である。

続いて、電話BOX型の小型カメラが四方に無数に配置され暗室に入り全身の3Dスキャニング。アッという間の30秒程で終了。
アンケートと合わせ、30分程で全て終了。

協力した御礼に、3Dスキャニングデータ、スキンズパワーソックス、タオル、簡易バックを貰いました(^O^)/
5_2 6こんなにイイ物貰っていいの?
これで私の持っているカーフガードは、3着目になりました。
レース用はもちろん、スキンズ。

帰りはラニング。
コースは▶
法政大学市ヶ谷キャンパス → 靖国通り → 皇居 → ルート246 → 武蔵溝の口

今日は日テレ24時間テレビのため、武道館前は人・人・人で溢れていた。
目に障害を持つ、立木早絵さんがトライアスロンに挑戦していましたね。
感動しました。拝見した皆さんも全員が感動したはず、言葉では伝えきれないものでしたょ。


行列のできる相談所でのワンシーン。う・ううー、ジーン。感動です。


2 3

皇居を約半周して、246号線へ。

地元川崎多摩川の二子橋からのSHOTcamera
4 7
 <多摩川を焦点に撮影>        <夕陽を焦点に撮影>

【本日のトレ】
法政大学市ヶ谷キャンパス → 武蔵溝の口
20.5km  1時間55分

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

TIスイム<改善ターン>

TIスイム<改善ターン>ワークショップに参加した。
28suiei

クロールのクイックターンが下手で、ターンの度に離される。そこを何とか改善したい!

初めて、自分のクイックターンを映像で見た。
一番の課題は、壁からの距離だ。回転後、足が伸びてしまって、回転のスピードは、まぁまぁなのに、そこで減速している。

【クイックターンのPoiot!】
①顎をしっかり引く
 ⇒踵を見て、背中の皮が引っ張られるくらいに。
②手の加速
 ⇒水面に対し下向きで、
③ドルフィンキックを打つ
  ⇒壁からの距離が大切。腕の長さ分。
④真っ直ぐ入って、真っ直ぐ帰る
  ⇒膝を引き付けコンパクトに回る
⑤腰の向き
  ⇒足が壁に着いたとき、足は横に着くが腰は上向きに残す。
⑥壁を蹴ってからストリームライン
  ⇒壁に爪先が着いたら、直ぐ蹴る。ストリームラインは無理にロックする必要はない。
(⑦最初の1かきを強く、スピードに乗せる)

言葉て表すと、こんな所だろうか。実践しないと分からないとは思いますが…

以上を意識して練習した。カリキュラムはコチラ wave

意識して、自分の中のイメージは完璧たが、実際はそうは甘くない。
改善後の撮影でも、目立った進展は見られなかったが、課題は明確になったので収穫あり。

Photo18_03
≪チョット、TI-SWIM のターンとは違いますが、イメージはこんな感じsign04

自己流の変な癖が付いてしまっている┏( ・_・)┛ 2年も我流でやっていたんで、仕方がないかっ。
しかし、弱点が分かった今、改善に向けてトレあるのみ。プールでのスイムは、まだタイムが上がるなgood

【オープンターン(フリー)】
①・頭を持ち上げない
  ・壁は押さない
  ☞重心移動
②腰の向きと目線
  ☞腰はタッチした向きのまま、目線は上
③タッチと反対の手の位置
  ☞深く伸ばす
④タッチした手は小さく折りたたむ
  ☞素早く耳の位置から入水、「電話のもしもし、の形」
⑤タッチ後、前方を見ない
  ☞ターン(向きをを)しながら蹴る、横向き
⑥壁を蹴ってから、ストリームライン

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

TI-Swim スピードクロール

 今日は、久々にTI‐Swimのワークショップ 『スピードクロール』 に参加した。
内容は、Demoskyfit02_2
 (1)重心を上半身に持っていくことで浮く姿勢をとる
 (2)抵抗の少ない姿勢をとる
 (3)効率のよい2ビートキック
 (4)自分の最適のテンポを知るこ
以上、4点である。

ココからは ⇒ 自分の言葉と感覚で表現するので、ココに訪れた人は、何なんだ(?_?) と思うことばかりだと思います?? 特にTIスイムを知らない人は???

≪ドリルの復習≫
1 ふし浮      
2 スケーティング
3 アンダースケート
4 アンダースイッチ 

   「目線は真下で頭と床面が並行になるように意識する」
5 ジッパースケート
   「肘を先行させ、プッシュの終わりから、入水ポイントまでを直線的に持っていく(高くしていく)」
6 ジッパースイッチ  
   「入水は勢いよく、差し込み後-3時半の角度で伸ばす」
7 フィッシュ
   「重心を肩に持っていき、頭の向き‐目線は真下で、体は完全に横向き」
8 フィッシュ から スイッチ
   「フィッシュから、上側の足を固定して下側の足をキックし、腰・肩(体幹)をキレよく入替える」
   (体幹が入替るまでは次の動作(キック)は行わない。バランスが崩れる原因になる。イメージはスクリューの様な感じで、キック幅を大きくせず上側の足を沿わせる感じ)

【ドリル復習改善!】
   ◎頭のブレを指摘☞された。
    スイッチ後に手を伸ばした時に、伸ばした腕に頭が吸い寄せられている。極端なブレではないが、距離を重ねるとロスは大きくなる。
 今後は、頭の頂点からレーザービームが出ている意識で泳ごうpunch

≪キック練習≫
●膝の裏を緩める姿勢作り
 膝を緩めた状態で浮く練習、イメージは軽く膝カックンされた状態をイメージで、足を引きつけ過ぎず足首・指先を脱力
●キック練習
 膝を緩め膝を伸ばすイメージでキックを真下に下ろし、脱力した足首から先が後から鞭のようについてくる感覚
●テンポ
 0.40~0.30 で膝を緩めるキックを打つ。

≪スイムとの連動≫
一番推進力が出る、入水後の伸びの所でキックを打つ
  伸びて‐トンッ!(キック)
●ハーフテンポ練習
 ピッ、ピッ、ピッ! → 入水手前‐入水後伸び‐プッシュ終わり で合わせる
 0.70が伸びが出てよし

≪自身のビデオ撮影を見ての改善点≫
 ①入水後の伸びの方向
  手の位置が高い。手の位置が肩より高くなっている。
  →肩‐肘‐手 と段々と深くなるべき。肩を脱力して肘を緩め手の位置を深くしてアンカーをかける。

 ②キック
  膝の裏が緊張している。
  →曲げる角度と蹴る方向の意識
 ③プッシュは水から出ない
  肘が伸びたら脱力し、肘を入水直前の頂点まで直線的に上げる

伸びシロはまだまだある。しっかりとドリルをやって改善していこうgood

<a href="http://sports.blogmura.com/triathlon/"><img src="http://sports.blogmura.com/triathlon/img/triathlon88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ" /></a><br /><a href="http://sports.blogmura.com/triathlon/">にほんブログ村</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

風邪ひいた・・・でも、ローラー台を少し

     ☆☆☆ ワークショップの実施内容 ☆☆☆

○ドリル復習
 ・伏浮き(両手伸ばし)+キック
  -床を蹴ってキックなし伏し浮き
 ・スケーティング
  -体を開き過ぎない
 ・スケーティングスイッチ
  -手のひらの動線は進行方向と並行
 ・スケーティングスイッチ(マルチ)
  -繰り返し
 ・アンダースイッチ
  -見えたら加速して伸ばす
  -伸ばす手の動線を進行方向と平行に
 ・ジッパースイッチ
  -入水時の角度と伸ばすときの角度を変える
 ・オーバースイッチ
  -肘を徐々に高くし輪の中に入水

○息継ぎ練習
 ・ジッパースイッチ3回-スケーティング
  -推進力を得る
 ・ジッパースイッチ3回-スケーティング-LVSS
  -体とともに頭を回転
 ・ジッパースイッチ3回-スケーティング-スニーキーブレス
  -伸ばした手の維持
 ・ジッパースイッチ3回-呼吸顔の戻しに合わせてリカバリー
  -リカバリーしてきた手と共に頭を戻しジッパースケート
 ・ジッパースイッチ3回/1ブレス
 ・ジッパースイッチ2回/1ブレス
 ・ジッパースイッチ4回/1ブレス

○テンポ練習

 ・25x2x4
  -マイテンポのストローク数キープしてテンポ上げていく

○ギアリング練習
 ・25x6
  -ストローク数最少で泳ぎ+1づつ増やしていく

○ウェット着用実践練習
 ・ギアリング
 ・サイティング

  -ジッパースイッチ3回-サイティング
  -ジッパースイッチ3回-サイティング-スケーティング
  -ジッパースイッチ3回-サイティング-スケーティング-ジッパースケート
 ・ターン練習
 ・スタート
 ・ドラフティング
 

 以上は、一昨日、TI-SWIM トライアスロンワークショップ で行ったドリル
 (TI事務局からメール配信されてきたもの。)

風邪をひいて喉・頭が痛い (´Д⊂グスン
何もやらないのも何なんで、軽く運動をしようとローラー台を59分(随分中途半端だなー)
軽く運動して、汗流して、喉のとおりが良くなったみたい。

【本日のトレ】
バイク ローラー台 59分 31km

日本ブログ村「トライアスロン」に参加しています! 一押し応援お願いします(≧▽≦)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)