スポーツ

2015年3月15日 (日)

第8回 階段駆け上がりレース川崎大会

第8回 階段駆け上がりレース川崎大会に参加しました。1

フル装備で、59階建ての高層マンション999段を上る。P3140002
3
この大会は、
近代の建築物は、高層化及び深層化し、かつ世の中のニーズにより複雑化してきている。この進化する日本の近代的建物での災害において、高層階へ上がる手段が自分自身の体力しか残されてない状況において、消防職員として最も基礎である己の体力を、最大限に発揮しなくてはならない。
この体力を日頃から醸成する自己管理能力の向上を、第一の目的としています。


今回の大会開催にあたり、準備に飛び回り、尽力を注いでくれました大会実行委員会の皆様、ボランティアの皆様、アロママッサージの皆様、その他多くの協力者の皆様、応援の皆様、大会のため場所を提供して頂きましたミッドスカイタワーの皆様。
誠ににありがとうございました。
この大会に関係する方々との、たくさん交流することができ、とても楽しい大会でした。2
各階で、応援してくれる方々の声がとても励みになりました。
体はきつくても、心で体は動くんだ。
助けるという強い気持ちがあれば、進めるんだ。
ということを、この大会に出て改めて認識しました。
また、
自分の弱い部分も見えたので、「精進して強くなりたい!」
明日から、再出発です。P3140019
同時開催で、 こすぎ防災フェス。92f87f254ab25a04714d65c998d2e736102
こちらも家族で全部参加しました。
P3140005小1の娘も頑張って心臓マッサージ。
P3140010
119番通報。
「火事です。○○マンションの○○号室の○○です。隣の部屋が燃えています。」

楽しみながら、防災に触れてよかったねー。
知識ゼロじゃ、何にもできないけど、1でも2でもあれば、いざという時に動けるよね。
家族、仲間と過ごした、充実した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

第91回 箱根駅伝(往路) 観戦

第91回 箱根駅伝(往路) の応援に行って来ました。

観戦場所は、2区の県道30号、富士見橋 先。
藤沢警察署 付近に母校ののぼり旗。P1020003応援旗ゲット(^^)

23
来た!21

トップは、本命、
1  駒沢。20
次いで、
2  東洋。19
3  明大。18
4  青山17
5  早稲田16
6  中央学院15
7  大東大
8 東海
14


9  城西13_2
10 神奈川県12
11 中央11
12 拓殖10
13 順天堂9
14 日体大8
15 帝京7
16 関東学生連合6
17 日大5
18 國學院4
19 創価3
20 山梨
21 上武2

各校ともガンバレー。

往路優勝は、青山学院!
往路はどこが、勝つか。
総合優勝の栄冠は!
明日、8時、芦ノ湖畔スタート
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

第20回 トライアスロン日本選手権

セレモニーで、スペシャルゲストが紹介された。

室伏広治
言わずと知れた、オリンピック  ハンマー投げ  金メダリスト

西内ひろ
ミスユニバース2014 準グランプリ

全然見えませーん。

8時25分、スタート。

【スイム】

750m × 2周回Pa260060


【バイク】

トランジッションエリア

Pa260062

続々と有力選手が上がってきた。Pa260065
◉写真
佐藤優香 選手、高橋侑子 選手Pa260068

3連覇を狙う 上田藍 選手
Pa260078

庭田清美 選手Pa260080
40歳を超えても、トップクラスの実力。

第1パックには、佐藤、高橋、蔵本 選手を含む5~6人。Pa260090

第2パックに、上田、庭田、岸本 選手を含む10数名が、1分半ほど遅れて、第1パックを追う。Pa260094

8周回で、約50秒まで差を縮めるも、追い上げ切れず。

室伏広治 さんPa260087

西内ひろ さんPa260085 

【ラ ン】

ランを得意とする上田藍 選手。
逃げ切りを狙う、佐藤優香、高橋侑子 選手。

ランは、4周回。見ものだ!

佐藤優香 選手、走りが軽い。
長身でストライドが広く、外国人選手のような走り。Pa260120
これは、逃げ切るか!

高橋侑子 選手Pa260121

上田藍 選手、ピッチ走法でバネのある走り。Pa260123

周回を重ね徐々に差が詰まるも、佐藤選手と上田選手の差はなかなか縮まらない。

ラスト周回、さらに佐藤選手のスピードが上がる。

◇ 佐藤優香 選手

◇ 上田藍 選手

ラストの佐藤選手と上田選手は、対照的だった。
笑みのこぼれる佐藤選手、悔しい表情でラストスパートする上田選手。

優 勝 佐藤優香 選手
第2位 上田 藍 選手
第3位 高橋侑子 選手

リザルトは、コチラ

これからも切磋琢磨し、アジアの頂点から世界の頂点へ、頑張って欲しい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
ポチッと、応援お願いします!(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

トライアスロンWC横浜大会2014 観戦記

トライアスロンWC横浜大会 2014 女子を観戦してきました。

(所用があり、男子は見ることができず〜残念)
Photo

【スイム】
山下公園前海域 750m × 2周回。Photo_2 Photo_3

【バイク】
山下公園~みなとみらい方面 4.45km × 9周回。

第1パックは、既に10人をこえる集団。Photo_4
追う第2パックは、さほど離れてなく10名弱の集団。Photo_5

上田藍 選手は、第3集団で、第2パックからもだいぶ離されている。
積極的に先頭を引き、前を追う。Photo_6

程なくして、第1•第2パックは合流し、大集団に。
Photo_7
 
自分は追い付けないと思っていた上田藍 選手の集団は、ナント!
最終回で追いついた。それ程差が開いていた。
攻めの気持ちで先頭を幾度も引いた上田藍 選手、強い。Photo_8

バイク最終周回、ランへのトランジットに先頭で入る。
ランの飛び出しは、トップ。Photo_9
昨年のチャンピオン、ジョーゲンセンの前。
積極的に前に出る、気持ちの強さが伝わってくる。

1周終わっても先頭。Photo_10

2周回以降、ジョーゲンセンが先頭に出て、ジリジリと差を広げる。Photo_11

ジョーゲンセンの走りは、別格。
身長178cmが作り出すフォームは、力強く、かつ、しなやか。Photo_12
小柄な上田藍選手の倍のストライド。
10kmのランラップ32分台を叩き出す、走りを間近で見た。
絞られた身体に、躍動する筋肉。
  
上田藍選手は、対象的。
小柄なのでピッチ走法で、気持ちで前に前にと走っている感じだ。Photo_13

スイムで出遅れ、バイクで積極的に先頭を引いて、先頭集団に追い付き、脚を使っているはずなのにランで飛び出す。

絶対に追いついてやる、諦めない。
気持ちの強さが、走りからヒシヒシと伝わってきた。
夏日の今日、鳥肌が立った!
感動の鳥肌だ。
改めて、気持の力ってのを目の前で味わった。
  
ジョーゲンセンには離されたものの、3位とは差を広げ、堂々の2位でゴール。Photo_14

おめでとう。上田藍。Photo_15
そして、
感動をありがとうm(__)m

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月30日 (火)

UTMF 2013 トップ選手映像

UTMFの主催者が発信した映像が…凄い!
トップ選手の息づかい、臨場感や精神状態も伝わってくる...最高!!


UTMF (Ultra-Trail Mt.Fuji) 2013 STARTの模様

 

UTMF 2013 スタートからエイド1鳴沢氷穴までのトップ集団の模様

 

UTMF 2013 青木ヶ原樹海を抜ける、
エイド1鳴沢氷穴からエイド2本栖湖までのトップ集団の模様

 

UTMF2013 A2 本栖湖(23.8km)~W1麓(36.0km)の上位選手の映­像

 

UTMF 2013 W1(FUMOTO 36.0km)~A4(NISHIFUJI 54.9km)のJulien,原,Kristin各選手の走り­

 

UTMF 2013 A7すばしりからA8山中湖きららまでのトップ周辺の模様。 後半戦に入り、原 良和(日本)、Julien Chorier(フランス)、Gary Robbins(カナダ)、TNFグローバルアスリートのSebastien Chaigneau(フランス)、トップ4選手が僅差のデッドヒート!

 

UTMF 2013 A9二十曲峠を越え一気に標高を上げる扚子山から、A10富士小学校を抜け、いよいよ­161kmの長い旅を終える河口湖八木崎公園フィニッシュラインまでの模様

 

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

箱根駅伝5区グラフティ 2013

◆東洋大P1020612
◆日体大P1020613
◆早大P1020614
◆明大P1020616
◆帝京大P1020623
◆日大P1020624
◆山梨学大P1020625
◆中央学大P1020626
◆青山大P1020627
◆法大P1020628
◆関東学連、駒大P1020629
◆大東台P1020630
◆神奈川大P1020631
◆城西大P1020632
◆順大P1020633
◆国学院大P1020634
◆中大P1020635_2
◆上武大P1020636
◆東農大P1020637

◆ランナーは全員通過しました。
  応援ありがとうございました。
P1020638
TV観戦もいいけど、やっぱり生がイイよねhappy01



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

箱根駅伝5区グラフティ 2012

箱根駅伝5区(山上り)の観戦に行ってきた。
山上りの観戦は初めて。

生で見て、信じ信じられないスピード、躍動感、箱根に掛けるおもいが伝わってきて感動した。

臨場感はコチラからどうぞdownwardright
(大平台ヘアピンカーブから1kmほど下った地点で撮影。通過順です。)

Img_2063_2●柏原竜二(東洋大)
Img_2064●大江 啓貴(明大)
  山本 修平(早大)
Img_2065●井上 翔太(駒大)
Img_2066●田村 優典(城西大)

Img_2067●早川 翼(東海大)
Img_2068●小嶺 篤志(青学大)
Img_2070●松本 大樹(山梨学大)
Img_2071●井口 恵太(中大)
Img_2072●吉村 大輝(学連選抜)
  鈴木 友也(日体大)
Img_2073●西郷 貴之(順大)
Img_2074●寺田 夏生(国学院大)
Img_2075●中山 裕貴(国士大)
Img_2076●園田 隼(上武大)
Img_2077●横山 築(拓大)
Img_2078●小堀 佑真(神奈川大)
Img_2079●小山 司(帝京大)
Img_2080●田中 瑞穂(中央学大)
Img_2081●津野 浩大(東農大)

頑張るって、素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝観戦ラン_2012

箱根駅伝観戦ランと称し深夜に出発。

目的地は、宮のノ・大平台。

コースは▽
自宅 → 246号切通し → 松田 → 足柄街道 →地蔵堂 → 金時山 →仙石原 → 宮ノ下・大平台 → 箱根湯本

日付けが変わった、1月2日0時00分にGO! する予定だったが、寝過ごしてしまったので、2時30分にスタート。
途中、電車でのワープ決定 (≧∇≦)
1_2
まずフルは走りたかったので、伊勢原駅を目指す。
Dscf0359ロードを走るのはツライなー。

自宅~伊勢原駅
43.5km / 4時間20分

電車に乗り、新松田駅までワープbus


◆2部錬
Photo

足柄大橋から見える金時山。Dscf0360日本昔話みたいに、盛り上っているのがいるのが、金時山。
Dscf0362
金時山が近づいて来た。Dscf0363
勾配がきつくなってきた。上りの始まり‐始まりー。Dscf0366_2
Dscf0367_5地蔵堂。
ここから先、トレイルへ。Dscf0368猪の皮が干されていた。
よく出没するのかdanger

Dscf0371_2約120分のハイキングコース。60分で上りたい。

上りで力が出なくなってきた。ハンガーノックか?
そういえば、ここまで50km以上走っているが、オニギリ1個しか食べていない。

森を抜けて林道に出ると視界が開ける。
こんな感じだdownwardright

Dscf0372富士山が綺麗に見える。残念ながら今日は頭が雲の中。
Dscf0373

絶景ポイントから、急な上りが始まる。
梯子が12箇所。干支になっている。
こんな感じdownwardrightDscf0374

地蔵堂から約1時間20分で、金時山到着。Dscf0379天気がいいと後方に富士山が綺麗に見えるが、残~念、今日は雲の中。
Dscf0380金時娘がいる茶屋。次は娘と来て、うどん食べよう。
Dscf0382右後方に見えるは、芦ノ湖。南側は晴れてるなぁ。

さぁ、
観戦ポイントまで時間ギリギリ。写真だけ撮って直ぐ下山。
下りは衝撃が強く、肋骨挫傷の痛みが出るのでゆっくりと下る。
Dscf0387公時神社にある大マサカリ。

トレイル区間は、金時山の上り下りのみ。
ちょっと物足りない。

Dscf0390宮の下、既に応援団が終結。
Dscf0391太鼓が駅伝を盛上げる。祭りじゃー。

大平台のヘアピンカーブで観戦したかったが、溢れんばかりの人×3。
諦めて、1.5kmほど下って観戦客がいない地点へ。Dscf0394ヘリが近づいてきた。もぅー来るぞーrun

来たっ! 来たーsign01

Img_2063カ・シ・ワ・バ・ラー

信じられないスピードで、自分の前をアッという間に駆け抜けていった w(゚o゚)w
必死に前を見据えて力の限り走る姿、感動したー。
生で見れてホントよかったー

 (20名の選手、全員をおさめたので、別途アップします。)

観戦を終え、冷え切った身体で箱根湯本までダウンJOG.
下りで全然身体が温まらないのので、塔ノ沢まで上って温め、再び箱根湯本へダウンJOG.

新松田駅~金時山~仙石原~箱根湯本⇔塔ノ沢
36.4km / 4時間23分

最後は、箱根湯本駅前の “カッパ天国” で入浴。Img_2082階段を上った高台にある、駅を見下ろせる温泉でしたーgood

【本日のトレ】
1部錬 
43.5km / 4時間20分
2部錬 36.4km / 4時間23分
Total  79.9km /  8時間43分

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
ポチッと、応援お願いします!(^^)!

続きを読む "箱根駅伝観戦ラン_2012"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

日台黒潮泳断チャレンジ2011
A

コレ、凄いチャレンジです!

日本(与那国島)と台湾(蘇澳:スオウ)間を、黒潮を乗り越えて150kmを泳いで繋ぐチャレンジである。

トライアスロンスクール時代に共に泳いでいた仲間が、泳者、クルーとして壮大なチャレンジをするので、紹介します。


公式HPはコチラ▼
http://strongheart.jp/nittai-sc/home

こんな、とてつもないチャレンジを見せ付けられると、俺も何かやりたい衝動に駆られる。

自分のできる範囲で、毎年何かにチャレンジしていきたい。

ガンバレー motorsports

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

充実した日曜日

昨日はトレもままならなかったので、今日は早起きして早朝ラン。
多摩川ラン、小向厩舎まで。

Cimg0321走っている馬は2頭だけだった。ゆっくと身体をほぐしている感じ。
私も、身体が重くゆっくりとJOG.20kmを約1時間50分。

さぁ、朝食後は川崎市民祭りへ家族でお出かけ。

が、着くと台風影響で30日、31日に開催予定だった、川崎市民祭り中止のアナウンスが・・・wobbly

まぁーしゃーない。っと、いうことで、川崎競馬場でフリーマケットをやているという情報をGETし、向かう。
ん? 朝ランの馬つながりか?! 
小向厩舎の馬は川崎競馬場を主戦場としているからねdash

帰宅後、第16回トライアスロン日本選手権 in お台場 のTV放映を見ながらローラー台。Tokyo_10Tokyo_09 Tokyo_11Tokyo_12見に行った記憶がよみがえる。緊張感、躍動感、スピード感、etc...

いやー中継で見ると色々な駆け引きがあり、それぞれの選手の思いも乗っかっていて、見ていて非常に面白かった。
いつもは単調で長く乗れないローラー台だけど、今日は1時間20分アッという間だったshine

最近、寒くてそれ程汗をかかなかたが、今日は潮溜りができたsweat01
要はヤル気の問題ねsign01

いい汗かいた! 気分が良くなり今日の夕飯は、自家製ピリ辛薬味に、自家製チャーシュー。ビール片手に料理notes0
気分良く過ごせた日曜日でした(o^-^o)

【本日のトレ】
ラ  ン LSD 20km 1時間48分
バイク  ローラー 1時間20分

ポチッと、応援お願いします!(^^)!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)