« 御岳山・大岳山スノーハイク | トップページ | ショッピング-ラン »

2013年1月26日 (土)

山の気象学

JRO主催の公開講座に行ってきた。

日  時 : 平成25年1月25日(金)
       19:00~20:00(開場18:30)

場  所 : 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟417号室

テーマ : ビギナーからベテランまでヤマテンキを学ぶ
      ① 山の天気が平地と異なる理由    
       ② 平地の天気予報を応用する方法
       ③ 天気図から読み取る最重要ポイント 
       ④ 最も危険な気圧配置

講演者 : 山岳気象予報士 猪熊 隆之 氏
             中央大学山岳部OBで国内外の登攀経験豊富
             現在、山岳気象予報会社ヤマテンの代表  

開場15分前に到着。中に入ると(・o・)!
ほぼ満席状態。何とか空いてる場所をみつけて座ることができた。
周りを見ると、後ろに左右に立見の方も大勢。
主催者の方も大盛況ぶりに驚いていました。

D

さて、内容はといいますと、
自分はズブの素人なので、「雲がとうしてできるのか?」
といった基本のことから、簡単な天気図の見方までとても参考になりました。

レベルの高いベテラン向けの内容もありました。

資料は、禁無断転載・複製となっておりますので載せられませんが、来場者パンク状態で資料が足りなくなってしまったため、後日、JROのホームページに掲載するとのことでした。

A講師の猪熊隆之氏の会社が配信している山の天気予報。

●予報内容
  翌日、翌々日の6時間後毎の天気、気温、風向、風速、気象予報士のコメント

●大荒れ情報配信
  大荒れが予想される気象状況のときに、日記にアップ

◆日記機能(会員登録すれば無料)
  現場の登山道の状況や天候状況などを日記に写真付きで掲載することができる機能。
  八ヶ岳、甲斐駒は毎朝、ヤマテン事務所で撮影した写真をアップし、赤岳天望荘の協力で稜線の天望荘と山麓の八ヶ岳山荘の毎朝の気温、天気を掲載。

S
今年は縦走トレイルをやりたいと思っているので、自分の身を守るために知識つけますwink

  
  
  
        

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
ポチッと、応援お願いします!(^^)! 

|

« 御岳山・大岳山スノーハイク | トップページ | ショッピング-ラン »

クリニック、講習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522536/48964446

この記事へのトラックバック一覧です: 山の気象学:

« 御岳山・大岳山スノーハイク | トップページ | ショッピング-ラン »