« 第19回 日本山岳耐久レース | トップページ | ハセツネの余韻去り_次の目標は… »

2011年10月24日 (月)

第19回 ハセツネを振り返り…

一昨日は、充実感に浸っていたんだなー
≪第19回 日本山岳耐久レース≫

会場、レース中、沢山の方に会うことができました (*´v゚*)ゞ
声を掛けていただきありがとうございます。

K谷さん、@champ730、@trarunman18、@DaiSilkyMomoto、
@climbracer、@yamataka123、Y内さん

Photo_4Photo_5

**:.。..。.:** こんな感じでアピールしてました **:.。..。.:**:.

会いたかった方も沢山いたのですが、会えずに残念。
選手、ボランティア、応援団と大勢の方々で埋め尽くされていましたので、全ての人に会うのは難しいですね。

そして、沢山の応援メッセージありがとうございました。
さんくす♪(o ̄∇ ̄)/



【振り返って思うことは…

◆水分量が不足したこと。
  ・2㍑の水を確保していったが、鞘口峠を越えた辺りでゼロに。
   月夜見までの約4km、喉の渇きを我慢して走った。
  ・ラスト4kmの地点で再び水がゼロに。

   もうラストの下りなので、ココはそれ程苦にならなかった。
   しかし、水が底をつくと不安である。

⇒今使っているザックは、ハイドレーション以外に水分を確保できないので、グレゴリーの ルーファスの様なサブポケットに500mlのペットボトル等を収納できるものを検討中。

◆タイムの考察
 第1関門  2時間52分33秒  
 第2関門  5時間52分52秒  LAP:3時間00分19秒
 第3関門  8時間17分00秒  LAP:2時間25分52秒
 GOAL   9時間32分27秒  LAP:1時間15分27秒

第1関門通過は、ほぼ予定タイム(2時間50分)通り。
ただペースが速く感じたので、根本のスピードを強化するべし。
来年は2時間50分を切る勢いが欲しい。

第2関門までは、予定(4時間40分)より12分遅れた。
25kmから32kmまでの徐々に登る上がりで垂れてしまった。
集中力を切らさないで走るべし。

第3関門までは、ほぼ予定通り。
タイムを短縮するとすれば、御前山の下りにある。
ライトの照射技術をアップし、昼間と同様のスピードで下れるようにすること。

第3関門からGOALまでは目標タイム通り。
短縮するとすれば、平地を走る根本スピードの強化。 

ハセツネを走り切る地足は、去年・今年で強化された。
次は、
①スピード強化 ②上りの強化 そして、③メンタルの強化

来年は、5月に第1回UTMFも開催されるので、更なる地足の強化を目指し、
トレに励んで行きたいと思う。

  トレイルを山を愛する皆様、    


Cocolog_oekaki_2007_01_03_13_59
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ  ポチッと、応援お願いします!(^^)!  

|

« 第19回 日本山岳耐久レース | トップページ | ハセツネの余韻去り_次の目標は… »

つぶやき」カテゴリの記事

トレイルレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522536/42658295

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回 ハセツネを振り返り…:

« 第19回 日本山岳耐久レース | トップページ | ハセツネの余韻去り_次の目標は… »