« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月25日 (水)

箱根トレイル

あいにくの雨rain
だけども、だけどnote
せっかくの休みは有効に使わなきゃ。午前中を乗り切れば、雨は上がる予報。
よって、箱根へGO!

コースは▽
箱根湯本駅をスタート。箱根外輪山を半周し、芦ノ湖を周って、駒ヶ岳〜早雲山
1号線で箱根湯本駅
Map

新緑の雨の中のトレラン、気持ちいい。 Cimg1355

と思ったのは、最初だけ! Cimg1356
明星ケ岳を過ぎたあたりから、雨風にやられ寒さとの戦いに、手も悴む(>_<) Cimg1359

目指す山々は、雲に覆われてきた。

さらに、

明神ヶ岳を越えて間もなく、雷が鳴り出すthunder Cimg1361
恐っ… ダッシュで下山。

来た道をもどり、宮城野へ下山。

Cimg1362 目指す山は完全に雲の中。雷が聞こえる。

補給を取り、時間調整。
138号線をヒガシへ走る。予報通り雨が上がったので、金時神社入口から再アタック。

Cimg1364 Cimg1365                   ≪鉞 & 宿り石≫

●金時山山頂 Cimg1372何も見えず、残念。

●丸岳付近Cimg1373視界が開けた。今日は、芦ノ湖を1周する。

●富士見公園Cimg1379天気は回復したが、丁度、富士山が見えない。

●芦ノ湖展望公園 Cimg1380富士山が顔を出した。

湖尻峠 → 箱根峠
芦ノ湖を左手に見て走る。

●石畳Cimg1382 今日は一段と滑る。

●関所 Cimg1383

●芦ノ湖面の箱根神社鳥居 Cimg1385

駒ケ岳〜早雲山 トレイルCimg1386

日没まで時間がないので、今日1番のハイペース。 上るにつれ、ガスってきた。気温も下がる。 Cimg1396 Cimg1398

早雲山到着、何とか日没前に着いた。

後は、約10kmをロードで下山。
大平台、箱根登山鉄道に遭遇。Cimg1404

各区間のラップはこんな感じ▽
 箱根湯本駅〜塔ノ峰 : 2.42km/41分25秒
 塔ノ峰~明星ケ岳   : 3.98km/51分10秒
 明星ケ岳〜明神ヶ岳 : 3.35km/40分53秒 
 明神ヶ岳〜宮城野   : 4.58km/48分08秒
 宮城野〜金時神社入口 : 5.88km/42分10秒  (ロード)
 金時神社入口〜金時山 : 1.91km/39分06秒
 金時山〜丸岳     : 3.28km/44分26秒
 丸岳〜湖尻峠     : 3.96km/47分02秒
 湖尻峠〜箱根峠    : 8.12km/1時間30分01秒
 箱根峠〜駒ヶ岳登山口 : 8.03km/54分57秒
 駒ヶ岳登山口〜早雲山 : 5.36km/1時間28分00秒
 早雲山~箱根湯本  : 10.53km/59分30秒  (ロード)

◆標高 累積:3700mPhoto

※ よく頑張りました foot

Cimg1399

【昨日のトレ】
トレイル 44.99km/9時間06分12秒
ロード  16.41km/1時間41分40秒

TOAL 61.40km/10時間47分52秒

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

丹沢山系トレイル + ロード

先週からトレイルに繰出し、未だ身体か順応せず。
なので、
走るというよりかは、登山の色濃い丹沢山系へ。

秦野駅から蛭ヶ岳まで行って、

ヤビツ峠 → 富士見山荘 →三ノ塔 → 塔ノ岳 → 丹沢山 → 蛭ヶ岳

さて、
ここから何処へ向おうか??

地図を眺めて、『よし! 北へ行こう!!』

 蛭ヶ岳 → 姫次 → 焼山 → 焼山登山口バス停(道志道) + @

◆三ノ塔まではガレ場が多い。傾斜も急だ。 Cimg1332

◆三ノ塔からの富士山Cimg1333

◆丹沢の鹿は全く逃げません。直ぐ横を走る。 Cimg1339

◆塔ノ岳、ガスっていて景色は何も見えず、残念。Cimg1342 

◆丹沢山〜蛭ヶ岳は、急斜面多く有り。Cimg1345  Cimg1346

◆風が強い! 気を抜くと身体がふらつく!!
  前方に見えるは、丹沢山系一の蛭ヶ岳(1672m)

◆蛭ヶ岳〜姫次〜焼山は、下り基調。 気持ちよく走れた。 Cimg1347

ラップはこんな感じ▽

 秦野駅
  蓑毛      (8.54km:56分51秒)ロード区間
 ヤビツ峠(2.98km:38分26秒)
 三ノ塔   (3.47km:47分38秒)
 塔ノ岳   (3.80km:1時間5分26秒)
 丹沢山 (2.51km:31分36秒)
 蛭ヶ岳   (3.25km:47分43秒)
 姫次     (3.05km:37分51秒)
 焼山登山口バス停 (7.90km:1時間1分36秒)
 橋本駅  (17.2km:1時間37分32秒)ロード区間

 TOTAL 52.7km:8時間4分43秒

1                     累積標高差 2510m (心拍計は付けなかった)

Photo
今日は、ロード&トレイル、半々くらいだった。
次は、トレイルの割合をもっと増やしたい。
走れるトレイルに Let‘s Go!fuji

【昨日のトレ】
秦野駅~ヤビツ峠~塔ノ岳~蛭ヶ岳~姫次~焼山登山口~橋本駅
TOTAL 52.7km:8時間4分43秒

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
ポチッと、応援お願いします!(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

高尾 ⇌ 陣馬+@ トレイル

宮古島以来のマトモなトレに Let’s Go!
3月20日ぶりのトレイル。

久々にトレイルに入る時は、決まって高尾山〜陣馬山コース。
このコースで、トレイルに身体慣らし。様子見といったところ。

そして、必ず身体がバキパキになる。おそらく今回も… すっかり春の陽気。
半袖、ハーフスパッツで6時15分スタート。
身体が重たい。リュックの重さがズンとくる。

まずは、高尾駅から高尾山頂まで。上りが辛過ぎる\(//∇//)\
何時もより、5〜8分遅れて山頂到着。

陣馬山手前で転倒impactCimg1326頭の感覚と身体の感覚が一致しない\(//∇//)\
陣馬山到着。15分〜20分遅い。

Cimg1323       綺麗な富士を見て元気が出たfuji

落合まで一気に下って、奈良子峠まで一気に上る。
ちょいと距離を伸ばしてみた。
まずは、動ける身体を取り戻すこと。その第1歩foot

コースは▼
高尾駅 → 高尾山 → 陣馬山 → 落合 → 奈良子峠 → 高尾山 → 高尾駅


奈良子峠からの後半は、エネルギー切れ。
それに加えて、膝も痛くなってきた。
脹脛に大腿がパンパンannoyCimg1331
辛くてもやっぱりトレイルは気持ちがイイ。

Photo_2

クッタクッタのグローッキー状態で高尾駅到着。

◆5時間15分 : 36.5km

帰宅後、筋肉解しに3本ローラーを低負荷で50分。
しかし復活せず、あまりの疲労感にマッサージへ。

来週は何処行こうかなぁshine


【本日のトレ】

トレイル 36.5km : 5時間15分
ローラー    18km  : 50分

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
ポチッと、応援お願いします!(^^)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

2011宮古島トライアスロンスライドショー

宮古島在住の方が、今年の宮古島トライアスロン大会の模様をスライドショーで、You tube にUPしてくれていますcamera

▼コチラ
<iframe width="560" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/xFZ4vKBbJuI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

宮古島の感動が蘇りますhappy01
(ちなみに、9分21秒のところで、一瞬映ってます!)

これからトライアスロンをやろうとしている皆さん。
既にトライアスロンを楽しんでいる皆さん。
宮古島に興味があるみなさん、宮古島を知らない皆さんも、是非是非ご覧ください。
人間味溢れる、ナイスショットですeye

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

第27回宮古島トライアスロン(番外編②)

楽しかった宮古島から、早1週間。2

振り返ってみると…Cimg2273

●ガンバロウ日本Cimg2286_2 Cimg2287_2

●レース朝Cimg2293 Cimg2295 0

●魚に餌やりCimg1220 ・ズームするとCimg1309

●池間大橋Cimg1268

●テーブルサンゴCimg1285

●宮古島のマスコット(みやこまもる君、みーや)Cimg1263Cimg2330_2 

●ホテルの庭にてCimg2322

●宮古空港にて5

              ≪頑張ったお父さんをパチリ!≫

昨年のストロングマン写真展に載ってましたhappy01

来年も行きたいぞーsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »