« 第27回全日本トライアスロン宮古島大会(速報) | トップページ | 第27回宮古島トライアスロン(総評) »

2011年4月27日 (水)

第27回宮古島トライアスロン(詳細)

Photo_2<気象> 天候:晴  気温:19.6℃ 水温:21℃ 風速1.3m (6:00現在)


◆スイム

スイムは不安だった。地震の影響で、通っている施設が壊れて泳いでいない。
メイストームで新調したウェットで挑む。
試泳でウェットに初通し、そして、1ヶ月ぶりのスイム。

目標は、50分切り。昨年は46分なので若干の余裕を持たせる。
何時もなら、実力もないのにトップ選手の後ろあたりに陣取るところ、少々遠慮気味に10列目位からSTART!
Photo_5

バトル避けるつもりが裏目に出た。300m泳いだ頃か、接触し、ゴーグルが外れた。
心拍数急上昇! プチパニック!!
コースアウトし、ライフセーバーのもとへ。
ゴーグルを付け直し、心拍が落ち着くのを待つ。
気を取り直して再スタートするも、何処か焦っていたのか、ゴーグルに水が入ってきた。
再び、ライフセーバーのもとへ。
今度はしっかり付け直し、再々スタート。
完全に集団に飲み込まれ、泳ぎづらい。比較的空いているコースロープから離れたところで、自分のペースで泳ぐ。
1200m泳いで、やっとこさ、自分のリズムになってきた。少々スピードアップ。

宮古島の海を堪能する。
身体が暖まりエンジンがかかってきた第2ブイをターンした頃、こみ上げてくるものがあり、ゲップかと思いかましたところ、ちょっと嘔吐物が……2回ほど。
(黙っていようと思いましたが、正直に書きます。)


今年は、環境の変化もあり、あまり練習できていなかったので、レースモードから、完全お楽しみモードにスイッチしていた。
なので、前夜の食事をセーブする事なく、バイキングにて、ステーキ、ラフティ、グルクン唐揚げetc...
カミさんが、
『そんなに食べて明日大丈夫なの?』 と念を押すも、
当の本人は
、「大丈夫、大丈夫、OK!」


私の周りを泳いでいた方、ごめんなさい。この場をかりてお詫び申しあげます。
前夜、そして、朝食は、レース中の体調を整える上で大切です。
皆さんもご注意を。って、そんなの分かり切っていますよね。
今回は、身をもって体験したのでした。

その後は、気持ちよく泳いでスイムアップ。
上陸後、ちょっと身体にフワフワ感(ダメージ)あり。
Cimg2312
バイクへのトランジットへ向かう途中、家族を発見し、娘とハイタッチ。
エネルギーを貰い、セカンドステージへ。

【スイム結果】
  タイム:51分38秒
  順  位:165位

※トラブルはあったものの、大崩れはしなくてすんだ。

◆バイク
今年も昨年に引続き、ローラー台トレのみで参戦。
実走は8月のATCカップ依頼。
昨年よりもローラーに乗る量は増やしたので、上手くいけば、バイクラップの更新を狙えるかもと、期待。

トランジットエリアで用を足してから、臨戦体制を整えバイクスタート。
乗車してすぐの坂道で、シフトチェンジをしたところ、チェーンが外れた。
丁度この後Cimg2315
んー、今日はよく外れるなー。

ほどなくして、スイムを50分前半で上がった集団のパックができた。
集団の最後尾、ドラフティングにかからない位置で身体を休める。
スイムで揺られ、海水を飲んだせいもあり、ダメージを受けている。
(前夜の食事食べ過ぎも否めないかも。)

20km過ぎ、マーシャルが回ってきた。前方では、何人かが注意を受けている。
体調が戻ってきたので、30km過ぎにペースアップ。
格段の実力差があるわけでは無いので、離しても直ぐ追いつかれる。

ちょっと休んで、前に出るも追いつかれる。そんなことを何度か繰り返す。
“離してつかれる” を繰り返すと、こっちの体力が消耗するので、向かい風が強くなったところで一気に前に出て、集団を離す作戦をとる。


しかし、所々でドラフティングが見られた
実力が均衡していると、集団になってしまうのも分かる気もするが、あから様に後ろにくっついている選手も見られた。
残念だなぁ。

Photo東側平安名崎を過ぎ、80km過ぎからは一人旅。

前方に徐々に見えてくる選手をロックオンし、自分を奮いたたせる。
集団より1人の方が走りやすい。
来間大橋95km通過。綺麗な海、最高だ。

昨年は、ここでの向かい風で20kmそこそこしか出せなかったが、今年は風が無く走りやすい。
あと50km、気分がいいのでガンガン攻めた。
『クルクル回せ!』 ローラー台のみでも、イケることを実証するぞ。

来間大橋2周目の135km地点。前をゆく、ウッチーさん に追い着いた。
あれ?!ウッチーさん、ちょっと調子悪いみたいだ。
並走し、会話を交わす。

池間大橋を渡り切り、ラスト20km。ギアを1段落とし、高回転モードに切替え。
ケイデンス95回転を目処に走る。
何だか今年のバイクは終わるのが早い。
勿体無い気分で、バイクフニッシュ。

【バイク結果】
  タイム:4時間34分41秒
  順  位:48位
  ランスタート:49位
 

※バイクは、昨年よりもローラーに乗った成果が出た。
  ただ、昨年に比べ風が無かったので単純比較は出来ないが、上出来の結果だった。


◆ラン

ソックスを履き、用をたしてランスタート。
(我慢していたので、膀胱パンパン(>_<)) 

ランは特に練習不足だが、走り出しは意外とイイ。キロ5分。
だが、1km過ぎ早くも左大腿四頭筋が攣る。予想以上にバイクで踏み込んだか?!
ストレッチして、ゆっくりと走り出す。マズイなぁ… 先は超長い。

キロ5分30〜45秒ペースまで落ちた。
5キロ付近で、ウッチーさん にパスされる。
『頑張りましょう!』 と、激励の言葉を貰う。
赤いウェアのウッチーさん、直ぐに見えなくなる。

ここから、抜かれる、抜かれる。
気温も高いので、エイド毎にしっかり水分補給し、スポンジで痙攣した部位を冷やす。
足は痛くて辛いが、沿道の溢れんばかりの応援が力をくれ、気持は切れることがなかった。
15km過ぎ、足の調子がよくなってきた。
ペースアップ。キロ5分10秒まで上がった。

18km過ぎ、のぶりんさん とすれ違う。相変わらず凄いスピードだ。
仲間として、どれ位のタイムを叩き出すか、楽しみだ。

見えなかった赤いウェアが小さく見えてきた。
保良の折返し地点、ウッチーさん の姿が確認できる位置まできた。
20〜30mの距離を保ち、追跡。果たして、ウッチーさん は気づいているのか?
Photo_4

25km過ぎ、再び足が痙攣してきた。もう、ウッチーさん にはついていけない。
上位目指して頑張れーmotorsports

30km。余りにも腹が減ったので、おにぎりとバナナを食べた。ちょっと復活。
ん? ハンガーノックを起こしかけてたのか?
そういえば、今までパワージェル1個しか補給していなかった。

35km。完全にグロッキー。痙攣しないギリギリのペースで走る。
沿道の応援が一際大きくなる。これが疲れた身体を前へ前へと、後押ししてくれる。

40km。家族ゴールを想い浮かべて、ラストスパート。
競技場のゲートをくぐる。大歓声だ。何時もこの充実感がたまらない。
前の選手は100m位離れている。後ろには選手が見えない。
ゆっくりと家族ゴールを満喫出来るぞ。ラストのラストはそんな事を思っていた。

ラスト50m。娘を真ん中に、家族でラン。ゴー~ル充実感で胸がイッパイ。
Photo_3


【ラン結果】
  タイム:3時間43分28秒
  順 位:92位

※練習不足ではあったが、大崩れする事なく上出来。

【総合成績】
タイム:9時間9分47秒
順 位:59位

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

ポチッと、応援お願いします

!(^^)!

|

« 第27回全日本トライアスロン宮古島大会(速報) | トップページ | 第27回宮古島トライアスロン(総評) »

Daughter」カテゴリの記事

アイアンマン、ストロングマン(宮古島)」カテゴリの記事

コメント

>あぺ さん
 宮古島、お疲れ様でした。
 こちらこそ、よろしくお願いします。そして、いろいろ教えてください。
 ナイスランで、私を抜いてくださったのは、あぺさんでしたか。
 わたくし、最近ランが全然走れないんです。スピードが全くありません。ので、今後はトレイルに励みダイエットしようと思ってます。
 見た目、短距離体型ですが、長距離も速くなると信じています。ちなみに、中学・高校と短距離でした。足の太さ、ケツのでかさが物語っていますよね。少々コンプレックスなのですが…
 こんなワタクシですが、今後とも同じ競技者、仲間としてよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: JET | 2011年4月29日 (金) 01時01分

>ウッチーさん
 いやー、お疲れ様でした。
 宮古島は3回目ですが、今回が一番楽しかったです。
 ウッチーさんとも競いあえたし、久々の仲間にもたくさん会えました(*^-^)
 家族と一緒の時間を、今まで以上に過ごせたので、ニンマリです。
 ライバルとして認めてもらったということで、ウレシイッス! 切磋琢磨しましょうネ( ̄ー+ ̄)

投稿: JET | 2011年4月28日 (木) 17時37分

JETさん、はじめまして。
宮古、お疲れさまでした。
千葉・市川はマイティーのあぺと申します。
以前からウッチーさんのblogとともに拝見させて頂いておりました。
いつも読み逃げばかりでしたが、今回宮古ですごい近い位置にいらっしゃったのでコメントさせて頂きました。
当方、トラ暦18年なんですが、ずーっと神戸にいて、6年前から転勤で千葉に来ております。
が、仕事が忙しくてあまりレースもできてませんでした。
昨年からようやくまともに練習もレースも参加できるようになり、練習フィールドもようやく千葉だけではなく神奈川方面へも行く機会も増えました。
BLOG拝見していて勉強になることいっぱいです。
関東の地理、諸事情等まだわかってないヘボヘボ星人ですが、また機会があれば色々教えてください。
よろしくお願いいたします。

投稿: あぺ | 2011年4月28日 (木) 17時30分

まったく気づいていませんでした(笑)
でも、折り返しでSKINSのウェアが見えないので
おかしいなあとは思っていました。
バイクで負けちゃったのが悔しいですが、
また次の勝負でがんばりますよ!
ハセツネですね、ハセツネ。二人で9時間半きりましょ!!

投稿: ウッチー | 2011年4月27日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522536/39773365

この記事へのトラックバック一覧です: 第27回宮古島トライアスロン(詳細):

« 第27回全日本トライアスロン宮古島大会(速報) | トップページ | 第27回宮古島トライアスロン(総評) »