« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

ニュー シューズ

7/26(月)に、人生初の蕁麻疹が発症し、トレが全く出来ずストレスが溜まる日々(泣)よって、今日予定のトレイルも中止。

そんな中、気分転換にNEWトレイルシューズを購入した。
実はこないだのトレイルで、ソールグリップの一部が欠損していた。よくキレイに剥がれたものである。
2 1

(左)黄色いグリップの真中が無くなっていた。 (右)adidasの特価品¥4,990ー

ついでに、レース用のシューズも購入した。
Photo
モントレイルのマゾヒスト。軽い! 速くなるかも〜(*☻-☻*)
2,000円引きで、¥12,990-

来週は、ATCカップに参戦する。
それまでに治ってくれーと、祈るばかりm(_ _)m

4初体験記念写真eye
チョツト引く写真なので、拡大しない方がいいと思いますdanger(注)

全身の痒みと格闘の日々、どんな過酷なレースよりも辛かった。
忍耐力強くなったかなー?
いやいや、堪えられていなかった。痒いのって辛いネ

運動バカのボヤキでした( ̄◇ ̄;)
《8月は暑さに負けず、距離を稼ぐゾー、オー!》

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

第11回パンプキン争奪マラソンスイミング大会

第11回パンプキン争奪マラソンスイミング大会 in 三浦市菊名海岸 に参戦!

_mg_8195_ 久々のOWSで、ノーウェット。距離は5km。1周回の右回りコース。
Pumpkin5km水温は25℃.潮の流れは、地図でみると右→左。行きはキツイが、帰りは流れが後押ししてくれる。
ウェットがきつくなったので、ノーウェットの方が泳ぎやすい。今度からOWSの時は海パン1丁で参戦だ!

この大会は、ブイの数が少なく、前方確認を頻繁に行った。
それでも、方向感覚を無くし平泳ぎで前方を確認+周囲の泳者を探して泳いだ。

折り返してからは、最近泳いでないせいか左肩が痛くなり、ぺースを落として泳ぐ。
3km位過ぎた頃か、僕の周りに泳者がいなくなり不安になる。
疲労も溜まってきて、泳ぎが乱れるwobbly
いやー辛い。陸では止まれるが、水の中では止まれないし、ストレッチできない。

身体は正直である。特に持久系競技は、練習をやった分、出来なかった分が結果として現れる。そこがまたイイ ところである。
『努力の分しか結果はでない。継続は力なり力は速さなり!』
んー、中学校の陸部(短距離)の近隣校合同合宿の時に統括顧問が行っていた言葉kissmark
印象深かったので、今でも覚えている。

第1、最終ブイになっている、岩場が見えた。元気upwardright
ラストスパート・・・は出来ないが、気持ちに余裕がでた。
最終ブイを回り、GOALゲートを確認~GOALmotorsports

タイムは、手元の時計で、1時間32分。順位は分からず。
疲れたー、ダウンで娘と一遊び。
Cimg1410 二人して、こんがり日焼けしてしまった ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

参加賞は地元-三浦さんのカボチャ。
Cimg1429
帰りに、≪みうら・三崎直産センター「うらり」≫に立寄り、鮮魚を購入。
Photo
今日はマグロで一献。  ~充実した1日でしたo(*^▽^*)o~

【本日のトレ】
OWS 5km 1時間32分

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

ハセツネ トレイル(START〜鞘口峠)

3連休中日。梅雨明けし、30℃を超える猛暑日。
明後日、36歳の誕生日を迎える。バースディ•ランと銘打ち、ハセツネの中盤、鞘口峠までトレイル。

先週は、前半の浅間峠までだったので、16kmトレイルが伸びる。
距離が長いので、膝にキネシオテーピング、カーフガードを着用。水は3㍑。I
A 
先週は、比較的涼しく走りやすかったが、さすがに今日は初っ端から暑い!
山道に入広徳寺で既に汗ダク。

武蔵五日市中学校前信号 → 入山峠(7.0km) → 生藤山(930m,19.34km) → 浅間峠(860m, 22.66km) → 西原峠(1158m,32.19km) → 三頭山(1527m,36.32km) → 鞘口峠(1140m,38.02km) → 都民の森 +@
Hasetsune
最近は疲労感が若干あるが、それがまた、丁度いい。
トレイルは長丁場なので、疲労してからどれだけ動けるか、また、バテた身体を回復させながら、ペースをコントロールする必要がある。

変電所を過ぎ、今熊神社に向かうトレイルに入ると、涼しくさほど暑さが気にならなくなった。先週みたいなジメジメ感もない。
トレイルは、木々のお陰でずっと日陰だし。気分爽快(^O^)/ 良い気象条件だ。
CH 
入山峠までは、疲労感が有り、何となく上っていたが、突然シャキッ! としてきた。
走り出して1時間、やっと身体が目覚めたか⁉

上りは速歩きペース、下りは飛ばさず気持ちよく。
とは言っても、上りでは心拍数

浅間峠(22.26km)到着。3時間21分。
先週より10分速い。体もまだ動く。
身体が慣れたんだな。

Dsc01160no35 Photo

≪彼岸花に蝶とバッタの共存≫ eye見えるかな

トップ選手はここを2時間30分台で通過する。
女子トップ選手も3時間を切って2時間50分台。
自分も浅間峠を3時間の1桁で通過したい。マイナス20分。
この短縮は現実的ではない。上りのペースを上げることになる。
もっとトレ積んで、ベースアップを図るゾupwardright
この先まだまだ長い。焦らず〜タイムは1つの目安。

浅間峠から三頭山まで、UP-DOWN を繰り返しながら上る。
笛吹峠から槇寄山の間は、コースが枝葉に覆われ、虫が飛び交い、非常にストレス感じる区間が何箇所かあった。
酷い区間は、草木に覆われコースが見えない。ボクシングの上半身をガッチリガードした状態で進む。
痛がゆいannoy

槇寄山から三頭山の上りは、キツイことはキツイが、キタタンの激上りに比べればそれ程でもない。
三頭山到着。
E D
三頭山から鞘口峠までは下り。都民の森から登って来たであろう登山者と多くすれ違う。
5時間41分 で鞘口峠到着(38.02km)。

都民の森まで下りGOAL.ハセツネ中盤までのトレ終了。
入山峠(600m,7.0km)      58’47
醍醐丸(867m,15.29km)      2”19’05(1”20’18)
浅間峠(860m,22.66km)    3”20’52(1”01’47)
鞘口峠(1140m,38.02km)  5”41’45(2”20’53)

まだ元気もあるし、足も疲労してはいるが、痛みは出ていない。
バスは1時間半来ない。
 『よし、バスが追いつくまで檜原街道を先行しよう punch

ロードは下り基調。重力のままに走る。
途中滝に遭遇! 心癒される o(*^▽^*)o nice nameing.
F G

つづら折りのロードを下る。アスファルトは足にくるι(´Д`υ)アセアセ
日差しが強く暑い。水が底をつき、10km過ぎでバテテきた。
途中自販機で2度ほど水分を購入。
最後はグダグダ、脱水で本宿まで走った。

都民の森 → 本宿 20.5km:1時間47分30秒

本宿から武蔵五日市駅までは10km弱。
もう走る元気が全くなくバスに乗車。
カーブの度に身体が振られる。立っているのが辛い。
足の踏ん張りが効かないので、手摺りにシガミツク。

しかし、よー走った!!
最高のバースデイ・ランでございました。
次は、ハセツネ後半をトレイルしたいネ。

【昨日のトレ】ハセツネ中盤迄トレイル+@
 トレイル 38km   5時間41分
 +@    1km         6分
 ロード  20.5km 1時間47分
 TOTAL 59.5km  7時間34分

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

ハセツネ前半 +@

ハセツネ前半_22.66km
武蔵五日市中学校 → 浅間峠 →上川乗バス停 +@

標高:START地点は200m、今日の最高地点は生藤山の990m。
それほど高くはないが、上りメインである。

トップランナーは、身軽な体型と驚異の心肺能力で上りを駆け上がる。
陸上短距離出身の自分は、ガッチリ体型で上りは苦手だ。
今シーズンは、苦手意識を少しでも無くすため、ダラダラ上るのではなく、少し早目のイーブンペースで上るよう意識する。

曇で涼しく走りやすい。いい気象条件だ。
今熊神社を通過した先の細道で、前方から軽快に飛ばして来るトレイルランナーとすれ違う。
華やかなウェアを纏った女性である。何処ぞの強豪アスリートであろうか。

今日出会ったトレイルランナーは、彼女1人だけだった。
日曜日なのに、あとは、登山者2組とすれ違っただけ。
自分のペースを乱すことなく、走ることができた。

速歩きペースで淡々と上る。いい感じで上れている感がある。
小さなアップ・ダウンを繰り返し、浅間峠到着。
Photo
東屋の温度計22℃
本日のメニューの前半部分を終える。
タイムは、22.6km_3時間30分
アレ! 思ったより遅い。
身体も予想以上に疲労している。今日のコンディションだと、ハセツネを走り切るのは無理であろう。

先週、キタタンに出たためと自分に言い聞かし、下山する。
上川乗バス停まで、2.5km。

バスが1時間も来ないし、時間もあるので、五日市迄のロード17kmを走ることにした。

25km(トレイル) + 17km(ロード) = 42km

秋川沿いを川を見下ろしながら走る。気持ちいい。
10kmを過ぎた頃、2㍑あった水が底をつく。
途中で公衆トイレを発見。トイレの水は嫌だか、急場凌ぎに2回の水分補給。
生き返る。次回からハイドレーションの容量を3.0㍑に増やそう。夏場は要注意だ。

ラスト5km、膝が少し痛みだした。
今日のトレでは問題ないが、ハセツネ本番では、不安が残る。
これから、徐々に距離を踏んで身体を慣らさなくては(T ^ T)

17km地点の広場でゴール。1時間32分.

生麺&乾麺を売っている店を見付けた。気になったので、入店。
生ラーメン:醤油スープ、メンマ付き(1食入) ¥120ー
1旨い! 次のトレの時も立寄り決定 (*☻-☻*)
<来週もハセツネ前半部試走予定!>

【本日のトレ】
トレイル 25km 3時間45分
ロード  17km 1時間32分 
TOTAL 42km 5時間17分

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

2010_北丹沢12時間山岳耐久レース 奮闘模様”

2010年7月4日(日) 第12回北丹沢12時間山岳耐久レース

1週間前を振り替えり、奮闘ぶりを紹介dash

Cimg1293  Img_0005Img_0012
  Img_0011Img_0003
Img_0010
Img_0002 Img_0001
こんな感じで、レースを楽しみました( ̄ー+ ̄)

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

第12回_北丹沢12時間耐久山岳レース

昨年に引き続き2回目の参加!
2
さて、今回の目標は、『前回の順位とタイムを上回ること。タイムは20分縮める。』
ちょっと大きく出たかな。
昨年は、膝が痛いのに無理して参戦したので、それを上回らなければ、進歩なしだよね( ̄◇ ̄;)

昨夜からの雨も明方には上がり、スタート時の気候は、曇:25℃。
晴れて気温は上がる予報なので、夏場のレースだけに特に脱水には注意が必要。

6:30スタート。号砲は、今回ゲストの丸山弁護士(今は議員だから、元を付けるべき?)
3スタートは、後方30m位の位置。25分前に並んだのになー、皆んな何分前から並んでる??
号砲1発START! 「手作りの高低図を持参」
1_3 Cimg1308_2 
最初の平丸まで、ロードの上りのポジション取りが重要。
ここから先、山に入り1本道となる。必然的に渋滞が発生する訳だ。
オーバーペース気味に気張って走る。心拍急上昇↑
ガンバッタおかげで、だいぶ順位を上げられた。
2km地点の分岐点で50位と告げられる。
まだまだ序盤。徐々にペースを掴んで行こうとするも、神ノ川キャンプ場迄の下りで3人にパスされる。
無理せず、マイペース。

そして、前半の山場。
県境尾根分岐迄の急な上だ。
傾斜が半端ない。脹脛(フクラハギ)が張る!
膝に手を当てがいながら、上る。昨夜の雨で、重馬場になっている。気を抜くと滑る、上り辛い。
抜きつ抜かれつで、もう順位は分からない。

神ノ川ヒュッテ。第1関門通過。日陰沢源頭まで上り2.3km。
Image52815_2
日陰沢源頭~神ノ川園地まで、下り8.53km。
タイムを稼ぐため、軽快に飛ばす。この頃には日差しも若干差し込み模様。
先の上りで抜かした選手に序盤で2人抜かれ、後は1人旅。前にも後ろにも人影がなく、下ること6km。足にきた。

後半の山場。姫次までの急激な上り5.83km。
汗が滝の様に出るsweat01、足は痙攣するsign04、心拍は強く鼓動し続けるimpact。苦しいdanger
選手みんなそんな状況に陥る後半の姫次アタック。
前半でかなり体力を消耗しているので、キツサ倍増☝ ペースが落ちる。
ここでの踏ん張りが、タイムに影響する!
風巻ノ頭を越えたあたりで、脹脛が2度、3度と痙攣し始めた。
高機能タイツ、スキンズのニューモデルカーフガードのお陰か、痙攣するも、そのまま動き続けることができた。凄い性能だ。
     ≪ちぎれるなー、ちぎれるなー≫
気持ちを切らせぬ様、自分に言い聞かせ、姫次を目指す。

姫次からフィニッシュまでは、9kmの下り。
持てる力を出し切るつもりで、飛ばす。
しかし、かなり疲労しているのと、重馬場で滑りやすいのが相まって転倒。
運よく落ち葉がクッションになって大事に至らず、ホッとした。
集中し直して下る。何回か滑るも転倒は免れ、出来る限りの走りをする。

GOAL! 
5時間21分25秒-32位

タイムはそれ程上がらなかったが、順位は上がったので
コース、気象条件が昨年度より悪かった様で、タイムは全体的に昨年度より遅めの様だ。
この条件を考慮すれば進化していると思う。
これよりタイムを上げるには、トレイルの上りをサクサク上れるようになることと、ロードの基礎走力のベースアップが必要である。
来年は、更なる進化を目指しますgood

Cimg1293 Cimg1300
上から下まで、スキンズのニューモデル〔A400 アクティブ〕

【大会結果(北丹沢12時間山岳耐久レース)】
44.24km-32位-5時間21分25秒

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »