« 野口健 講演会  | トップページ | 宮古島番外編 »

2010年4月25日 (日)

第26回全日本宮古島トライアスロン

第26回全日本宮古島トライアスロン
昨年11月の川崎港トライアスロンから、実走は一度もやっていない。
ローラー台だけで、何処まで走れるか?序盤は様子見。
30kmまでは、リラックスして、ケイデンス100回転、クルクル廻す。
風が強くバイクはこたえる。
特に両サイド見渡す限り蒼い海の橋の上は、行きヨイヨイ帰りはコワイ!
行き50km/帰り20km。来間大橋2回、池間大橋1回、全然進まない。
時折やってくる向い風で足を使が、膝の傷みも無く、調子がイイ。ペースを上げる。
100km過ぎまでは、すこぶる快調。だか、徐々に股が痛くなってきた。


実走で長時間バイクに跨って無いせいなのか、皮膚がデリケートになったのか?
時よりポジションを変える、それでもすこぶる快調。 130km過ぎ、膝の痛みが出てきた。あと25kmでペース激減。
フラットは痛みが出ないが、上りと、向い風に対向し踏み込む時は、痛い。


Cimg1077
200m位泳いだ頃か、バトルに巻き込まれて息が苦しい!
5年目のキツくなったウェットスーツと4月に入ってから泳いでない影響か?
何時もはこんな事無いのに、体は正直だ。 ペースを落とし、平泳ぎを交えながら態勢を立て直す。
まだ始まったばかりだ。 気持ちを落ち着かせると、直ぐに呼吸が楽になってきた。
ここから巻返しだ。 海底の珊瑚を楽しみながら泳ぎ、アッという間にSwim-up.
46分52秒、54位。最近は練習不足だが、積み重ねたTI-Swimの効果でレベルアップ。 

バイクトランジットへ向かう途中、家族発見、娘が家族の絵を描いて応援してくれている。
嬉しいね(^v^)娘とハイタッチしてバイクへ向かう。

.

Cimg0897

バイクの調子が良かっただけに、ローラー台のみで何処までやれるか最後まで検証したかった。

バイクフィニッシュ、4時間50分16秒、悪くない。37位でランへ。
何時もどおりにランが走れれば、9時間チョイで帰っ来れる程の好タイム。

Run
既にバイクで膝の痛みがあり、不安のラン。
ますばトランジットでストレッチと膝の可動を確認。
なんとか、イケそうだ。ゆっくりと走り出す。膝の痛みはない。

5km通過、25分。意外と走れている。
このままもつことは無いが、4時間は切れそうだ。
10km手前、膝が痛み出す。
5km毎のラップは、
 
10Km:28分、15km:29分、20km:30分。

折り返し後は、エイドの度に、ボランディアの中学生にエアサロンパスをかけてもらう。
これは助かる。 30km過ぎ、両腿(大腿四頭筋)が痙攣しはじめた。
しかし、怪我の光明か、膝の痛みは薄れた。

35km、ここからはもう気力のみ。
6’00/kmを切るペースを保ちながら、家族の待つ陸上競技場を目指す。
沿道の島民の応援が力をくれる。
『ワイドー、お帰りー』  感謝*感謝

各選手ともスパート体制に入ってきた。みんな速い。
ラスト5km、どんどん抜かれる。
悔しいが、ペースは上がるはずもなく、落ちないように踏ん張る。

≪ちぎれるなー≫

ゴールの陸上競技場が見えた!門をくぐり抜ける。
トラックを3/4周、あと300m。
ラストの直線で家族発見♪( ´▽`)

娘を真中に3人でゴールテープを切る。ヤったー\(^o^)/

9時間28分35秒、59位でゴール。Cimg0907Cimg0912_2
肉体的には今までで1番辛かったけど、精神的には1番充実していたレースだった。
大好きなトライアスロンを家族と一緒に楽しんているのを実感した。

【総評】
練習量に対して、非常にいい成績が出せたレースだった。

スイム:TI‐Swimの効果がしっかりと出ている。何とか今のレベルを維持していきたい。

バイク:昨年11月から実走は行わずローラー台のみ。
    ローラー台のみでも、目的をしっかり持って行っていれば、ロングレース対応も可能
    ということが分かった。(今回はたまたま良かった可能性もあるが…)
    道路事情により停止することなく漕ぎつづられるのは、ローラー台の最大の
    メリット。
    ただやはり、何回かは実走で5~6時間は乗らないと、自分の中でしっかり練習を
    やったんだという自信は持てない。

ラ ン:ココ2ヶ月は、週末の10~15㎞、ハーフマラソンが1回で、月間走行距離は、
    70㎞~80㎞。
    今回は、キロ6分と割り切って走ったので、膝の痛みはあれど、大崩れすることなく
    走りきることができた。
    やはり、ペース配分は大事。心肺というよりは、足が痙攣などを起こさないギリギリ
    のペースを把握すること。
    次出るときは、キロ5分と切ることが目標。これには、走りこみを3倍にして、刺激
    入れの練習もやること。

【結果】
スイム:   46分52秒 54位
バイク:4時間50分16秒 44位(37位通過)
ラ ン:3時間51分27秒 111位
総 合:9時間28分35秒 59位


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Img

|

« 野口健 講演会  | トップページ | 宮古島番外編 »

アイアンマン、ストロングマン(宮古島)」カテゴリの記事

コメント

>カトケン
 出るからには、持てる力の120%を出し切るつもりで、楽しんでます! 俺もキタタンエントリーしたよ。よろしくscissors
体重が減らないのが目下の悩み。日勤になって休肝日が全くないのが原因か?! でも、これだけはやめられません( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: jet | 2010年4月29日 (木) 12時19分

仕事の内容が変わって練習量が減っても大会にかける意気込みは変わってませんね。
いつもながらブログを読むたびレースにかける情熱に感動させてもらってますよ。
キタタンにエントリーしたんでよろしくです。

投稿: katoken | 2010年4月28日 (水) 17時47分

>ウッチーさん
 宮古島、最高でした(^^) 楽しかったッス!
 JAPANに比べ、バカンス思考といいますか、ゆったり楽しもうとしてる方々が多いような気がします。
 僕は両方好きですが、競技思考としてはやはりJAPANですねー家族と楽しむなら断然、宮古島です。
 私の身体が癒えて、ウッチーさんの都合がつきましたらトレイルご一緒願います。
 ヴェルディに西村という青年が入会しませんでしたか? スイムの実力はマダマダですが、バイクの瞬発力はあります!是非面倒みてやってくださいsign04

投稿: jet | 2010年4月26日 (月) 22時26分

お疲れ様でした。
トラブルや怪我を乗り越えての好記録、おめでとうございます。
宮古島は楽しそうですね。
僕もいつか行ってみたいです。

ゆっくり身体を休めてくださいね。

投稿: ウッチー | 2010年4月26日 (月) 08時38分

>akafumi さん
御無沙汰しております。
宮古島は120%楽しんで、130%の力を出し切ることができました。
ローラー台の効果は絶大です。ただ、向風、上り坂、長時間乗り込んでいないためか股の痛みには対応できないかと…
そこはやはり、実走に限ると思います。
 平和島、今年もよろしくお願いします。

投稿: jet | 2010年4月26日 (月) 05時26分

宮古参戦お疲れさまでした。
練習量が少ないとのことですが、
その記録で走れるなんて流石です&オドロキです。
私はJETさんみたいには速くないですが、
この3年くらいはバイクトレはローラーだけ、
実走はレースだけです。
それでも、それまでと同じように、
ロングを走れることがわかったので、
ローラーで十分だ、と思っています。
また、その辺の事も色々お話したいですね。
今年も宜しくお願いします。

投稿: akafumi | 2010年4月25日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522536/34313668

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回全日本宮古島トライアスロン:

« 野口健 講演会  | トップページ | 宮古島番外編 »